苦味礼讃 吉祥寺・珈琲店「もか」 いなほ書房 [単行本]

コーヒーこそ我が人生
コーヒーが深く好きになる一冊
珈琲豆本(豆のように小さい本)の第5巻として1984年に出版された幻の本、「苦味礼讃」のサイズを拡大し、VIVAコーヒー人生を増補し出版された一冊です。コーヒー好きの方へ、ギフトとしてもオススメの一冊だと思います。

    第1部 苦味礼讃

  1. たかがコーヒーぐらい
  2. 私を虜にした“旨いコーヒー”
  3. コーヒーの師、襟立先生との交流
  4. ついに私自身の豆をつかむ
  5. 奥行きが深い、焙煎とコーヒーの味
  6. コーヒー修行の伴侶”小さな木の椅子”
  7. コーヒーこそ我が人生


第2部 VIVAコーヒー人生

  1. はじめに
  2. 開店の{きっかけ}
  3. 感謝
  4. 自家焙煎の出発点と『えっ』という瞬間
  5. 最後の夢
  6. なぜ[白衣]なの?
  7. 豆にも都合がある
  8. 〔自家焙煎〕と〔熱風焙煎〕
  9. 家でコーヒーを飲むということ
  10. 「もか」の値段は高くない
  11. またコーヒーに引き止められたな
  12. エチオピアの〔標モカ〕
  13. 神様に近付いたようなコーヒー
  14. コーヒーは〔庶民の飲み物〕
  15. 【質疑応答】


標 交紀 しめぎ・ゆきとし (東京・吉祥寺 珈琲店「もか」)
1940年、東京生まれ。2007年12月24日逝去
1962年(昭和37年)「もか」を創業。のち、1968年(昭和43年)御殿山に移転し、珈琲店「もか」として、2007年まで営業。 大阪難波のコーヒー店主・襟立博保氏、コーヒー研究家の井上誠氏に師事、焙煎の研究に没頭する。 昭和51年から自ら焙煎したコーヒーの真価を問うべくヨーロッパや中東を歴訪、昭和60年から現在まで中東、アフリカへの旅。自分のコーヒーが世界レベル にあることを確認し、自信を深める。コーヒー・アンティークの収集家としても知られた。
著書に「苦味礼讃」(珈琲豆本)(いなほ書房) 「珈琲の旅」(みずほ書房)があります。


単行本: 229ページ
出版社: いなほ書房
発売日: 2016年1月25日 初版発行

苦味礼讃

苦味礼讃



ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。
レビューを評価するにはログインが必要です。


苦味礼讃 吉祥寺・珈琲店「もか」 いなほ書房 [単行本]

書籍ポイント10倍

3,240円(税込)

  • ポイント:300ポイント
  • 在庫:◎
  • この商品について問い合わせ
  • お気に入りに追加