Discover Japan 2013年12月号 Vol.31 「コーヒーとお茶」

日本の魅力、再発見「ディスカバー・ジャパン」
特集:コーヒーとお茶
話題のサードウェーブ・コーヒーは日本からはじまった。

アメリカ西海岸で、いま注目されているサードウェーブコーヒー。コーヒー豆の品種から生産者にまでこだわるスタイルです。この流れに影響をあたえたのは、なんと日本の純喫茶なんです。つかわれている器具もメイド・イン・ニッポン。日本だからこそ生まれたコーヒー文化から、いまの日本のコーヒー最新事情までをご紹介します。そして、そんな日本ならではの文化を生み出した背景にあるのがお茶。世界が憧れる茶の湯とは何か? 美味しい抹茶の淹れ方などについても取り上げています。コーヒーとお茶好きなら見逃せない一冊になっています!

出版社:エイ出版社
サイズ:A4変型判 208ページ
2013年11月6日発売


World to Japan 世界から日本へ
ま知りたいローカルトピックス
NEWS&TOPICS
藤巻幸大の「藤巻のツボ」
幅 允孝の「紙上のつぶやき」
犬養裕美子の「ニッポンの旬の味、いただきます!」

コーヒーとお茶。
サードウェーブ・コーヒーはニッポンに影響を受けていました
ジェームス・フリーマン
(ブルーボトル・コーヒー)インタビュー
西海岸を騒がすコーヒーショップはニッポンのスタイルが欠かせない
サードウェーブ・コーヒー解体新書
ニッポンに影響を受けた名店
サードウェーブのルーツを求めて
いま、ふたたびニッポンの喫茶店へ
サードウェーブはニッポンの道具に抜きに語れません
なぜハリオV60はサードウェーブを魅了するのか
他にもある愛用されるニッポンのコーヒー道具
世界中の豆を知るコーヒーハンター川島良彰さんに聞く
ニッポンを代表する焙煎士林大樹さんに聞く
日本ならではのハンドドリップの技

日本人とコーヒー
藤岡弘、の珈琲道/コーヒー伝来300年の歴史


おいしいの基準を生み出すCoffee Shop 16

Third Waveの100年前、
Sado Waveが世界に発信されました


井浦 新さん 京都国立博物館でお点前中!
日本の茶の湯、800年の歴史とは?
利休の何がスゴイんですか?(十一代目市川海老蔵インタビュー)
茶室とうつわに見る、利休の“わび”とは何か?
人気マンガ『へうげもの』に見る、利休の系譜
武家文化が育んだ、加賀百万石の文化
金沢からひもとく茶の湯
自宅で気軽にお茶会を楽しむ はじめての抹茶の点て方

ほか

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。
レビューを評価するにはログインが必要です。


Discover Japan 2013年12月号 Vol.31 「コーヒーとお茶」

書籍ポイント10倍

1,007円(税込)

  • ポイント:93ポイント
  • 在庫:◎
  • この商品について問い合わせ
  • お気に入りに追加