会社情報

代表挨拶

代表取締役社長 佐藤光雄

おかげさまで珈琲問屋は13店舗!

珈琲問屋では全店、自家焙煎器(ジェットロースター)を設置しております。
生豆は常時100種類在庫!
豆の銘柄はもちろん、焙煎段階と粉の挽き段階を自由にお選び頂き、その場で焙煎致します。 他にはない、焙煎したての珈琲の香りと味わいを是非お楽しみ下さい。
紅茶葉もブラックティーから、ハーブや中国茶など全部で充実の100種類!
珈琲豆や珈琲、紅茶器具の在庫も豊富です。
分からない事がありましたら是非お気軽にお問い合わせ下さい。
明るく元気なスタッフが、丁寧に分りやすく説明致します。
きっとお客様だけの「価値ある一杯」が見つかるはずです。
お客様のご来店心よりお待ちしております。

珈琲問屋のビジョンと経営方針

  • 珈琲問屋の全国チェーンを目指す。
  • 各県に2店舗(県庁所在地と第二都市)の出店を自己資金自己調達での展開にて目指す。
  • すべてを自己資金自己調達での展開とする。
  • 豆売り店の形態、取り扱いアイテム等をフレキシブルに対応、
  • 常に時代を見据え、時代を半歩先取りし、
  • 市場に新しい提案型の新鮮なショップとしてゆく。

珈琲問屋の概要

会社名 株式会社フレッシュロースター珈琲問屋
所在地 神奈川県川崎市川崎区桜本2-32-1 川崎SRC3階
実店舗 現在13店舗。流通センター1拠点。インターネットに3店舗出店。
資本金 3000万円
売上高 14億4000万円(2014年8月現在)
事業内容
  • コーヒー生豆の卸・販売。
  • コーヒー豆のブレンド、ロースト、グラインドのカスタムメイド卸・販売。
  • コーヒー、紅茶、関連器具の輸出入。
  • コーヒー豆と関連雑貨のギフト商品の卸・販売。
  • コーヒー用品、器具類の卸・販売。
  • コーヒー飲料、その他飲料、コーヒーに関連した菓子、雑貨の卸・販売。
  • 各種コーヒー飲料とパン類を主体としたカフェ喫茶販売。

珈琲問屋の概要

1988年 横浜市天王町に開業。
ジェットロースト方式焙煎機で一人一人お客様ごとのオーダーに応えるカスタムメイドをテーマとする。
1994年1月 水戸に2号店出店。
1995年5月 宇都宮に3号店出店。
1998年 インターネット、ホームページでの営業開始。
1998年末より企業としての体制、および、体裁作りであるC.I.とV.I.systemの導入に着手。
1999年1月 浦和に4号店出店。
2000年12月 千葉に5号店出店。
2001年5月 インターネット、ホームページでの営業開始。川崎市の佐川急便流通センタービル内に、珈琲問屋物流センターを開設。
2002年6月 横浜駅西口に6号店出店。
2003年12月 前橋に7号店出店。
2004年9月 川崎に8号店出店。
2005年11月 静岡に9号店出店。
2008年10月 小山に10号店出店。
2010年10月 甲府に11号店出店。
2011年12月 長野に12号店出店。
2014年4月 つくばに13号店出店。
2016年4月 横浜本店新装オープン。
2016年7月 珈茶問屋アンジェ (2016年7月29日グランドオープン)
2016年10月 フィリピン・マカティ店 (2016年10月10日グランドオープン)

珈琲問屋・新規 卸売り販売のご案内

弊社取扱いコーヒー専門器具の卸販売もございます。
ご興味のある小売店様はお気軽にご相談ください。

取扱い商品
  • ROK(アールオーケー)エスプレッソメーカー
  • GeneCafe(3次元捻り回転電動焙煎機 ジェネカフェ)
  • S-100CR(電動焙煎機 コーヒービーンロースター)
  • PRESSO スマートロースター MASON-800、その他
卸売り価格 販売ボリュームによる変動型掛け率になります。
ロット数 店舗規模により応相談になります。
お支払方法 前払いによる都度決済、販売実績により相談になります。
お取引対象 商品ブランドのイメージを崩さない販売促進を行っていただける小売店様。
お問い合わせ先
  • TEL: 044-270-1440 (平日のみ)
  • FAX: 044-270-1447
  • E-Mail:oroshi@tonya.co.jp
  • 営業時間:9:00〜18: 00